背番号のない球児たち:水野邦幸さんに学ぶ

こんばんは!makkiedropsです。

高校野球も後半戦。連日、白熱してますね!続々と痺れるプレーがたまりません!

ところで「水野邦幸さん」という画家をご存知でしょうか?

高校野球で背番号をもらえた選手の皆さんはもちろん頑張ってますが、

強豪校などは選手数も多く、残念ながらもらえなかった選手ももちろんいます。

でも彼らも毎日練習、勉強と同じように頑張っていますよね。

その選手達ををクローズアップして描いておられました。

⇩こちらスポーツのイラストの勉強にと昔アルバイト先の仲間にいただきました。

今も大切に家に飾っています。

ありがたい。

「レギュラーになれなくても、社会でなればいいんじゃないかな・・・」

私もそんなに活躍できる選手ではありませんでしたが、その言葉いろいろな場面で救われました。

私も今も精進し続けます・・・

2 件のコメント

  • makkiedrops様
    はじめまして、私、水野昌幸と申します。この度は父の作品をご紹介くださり有難うございます。今、父の作品の整理をしており、背番号のない球児を検索した所、掲載されておりましたのでコメントさせて頂きました。
    父が亡くなり25年が経ちました、背番号のない球児を描いた作品を、父が取材に伺った全国の高校へ寄贈させて頂こうと考えております。
    父の作品が高校球児達の目に留まり少しでも父のメッセージが届いてくれる事を願っております。
    ありがとうございました。

    • 水野昌幸様
      初めまして!ブログを見つけてくださり、またメッセージをいただきましてありがとうございます。
      スポーツの世界は厳しくレギュラーになれる人達は一握り、ましてや高校球児で背番号をもらえる子供達も一握り。
      しかし、なかなか目立つことができない子供達にスポットライトをあててくださっていた水野様のお父様は素晴らしいと思いました。
      高校へ寄贈されるとのことできっと今のこれからの高校球児達の目に留まり希望になると思います。
      こちらこそありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です